blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
F1第7戦モナコGP
■もっともF1らしい雰囲気を残すGP。モナコ。中世の貴族文化の名残と、成り上がりモノたちが集う華麗な世界。コースは市街地。モナコを制する者が世界を制すると言われるほど腕を問われるコースだ。

■予選はモナコ5勝を誇る”当代のモナコ・マイスター”であるミハエル・シューマッハがポール・ポジション。2位にルノーのフェルナンド・アロンソと3位のマーク・ウェバーが続いた。だが、とんでもない裁定がシューマッハに下る。予選中にラスカス・コーナーで車を止めたシューマッハの行為で予選を妨害されたとルノーらが訴え、それが認められのだった!シューマッハはポールポジションを剥奪されただけでなく、最後尾に降格となった。

■予選から波乱含みだった今年のモナコは見せ場が沢山あるレースとなった。レースは序盤からアロンソとキミ・ライコネンの”二人だけ”の世界となった。他を圧倒する高速バトルが続く。後続はホンダのバリチェロ当たりが”壁”となり大渋滞。この大渋滞に巻き込まれ様々なドラマが生まれることになる。

■他を圧倒するアロンソとライコネン。ピットインをしてもその差は変わらない。ところが、46週目に3位を走行していたウェバーのウイリアムズのマシンから黒煙が吹き上がりリタイア。マシンを撤去するため、セーフティーカーが入る。このスロー走行に影響されてか2位のライコネンがなんとリタイア。これでアロンソを脅かす者はいなくなった。このアクシデントのちょっと前にはスーパーアグリの佐藤琢磨もリタイアを喫する。

■アクシデントは続く。同じく3位走行のバリチェロもピット・レーンの80km速度制限に違反してペナルティーのピットインで後退。替わって3位にあがったトヨタのトゥルーリも残り5週でスローダウンしてリタイア。トゥルーリに至ってはこの所11戦連続で入賞を逃し続けている。そんな混乱の中、何気に3位入賞を果たしたのが、モナコ2賞のレッドブルのクルサード。国際映像にもほとんど映らないながらも、いぶし銀の活躍。2位にはモントーヤが入った(モントーヤもほとんど映像には映らず)。もちろん優賞はアロンソで、今期4勝目。モナコは自身初の勝利となった。

■当代のモナコ・マイスターであるミハエル・シューマッハは22番手からゴボウヌキで5位となる。昔、ポールからスタートするより後方からスタートした方が速かったナイジェル・マンセルというドライバーがいたが、マンセルを彷彿とさせる走りだった。後半戦に向けて貴重なポイントとなるだろう。

■次の戦いはイギリスGP。モナコではパッとしなかったホンダのジェイソン・バトンの母国グランプリとなる。

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 01:05 | comments(1) | trackbacks(0) |
日本ダービーはメイショウサムソンが2冠達成!
■東京・府中競馬場で開かれた第73回東京優駿(日本ダービー)は皐月賞を制したメイショウサムソンが狙い通りのレースで連覇。2冠目を達成した。

1着 メイショウサムソン(石橋守・瀬戸口勉厩舎)
2着 アドマイヤメイン(柴田善臣・橋田満厩舎)
3着 ドリームパスポート(四位洋文・松田博資厩舎)

■前日の冷たい雨も晴れ、好条件のレースとなった今年のダービー。予想通り、柴田義臣騎乗のアドマイヤメインが先行する。が、大逃げは打たずに超スローペースとなる。これでほととんど後続の追い込み勢の目は無くなる。レース途中・安藤勝己騎乗のビクトリーランが故障を発生してレース中止となるも、そのまま第4コーナーへ。逃げのメイショウサムソンが粘るものの、石橋守騎乗の皐月賞馬メイショウサムソンが余裕の勝利。ゴール前では手綱(たづな)を緩めるなど驚きの騎乗だった。

■サンデーサイレンス参駒最終世代のレースだったが、プロモーションの子供であるアドマイヤメインの2着に終わった。また、18頭の出走馬のうち17頭が栗東所属場。関東の美浦所属はジャリスコライトの1頭だけだった。

■メイショウサムソンは父オペラハウス、母の父ダンシングブレーヴという血統。2,400mがベストの距離だが、3,200mの秋の菊花賞も十分に狙えるだろう。昨年のディープインパクトに続き3冠なるか注目が集まる。
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 16:06 | comments(0) | trackbacks(1) |
サッカー代表になるなら次男が一番?!
■ネットの某巨大掲示板で面白い書き込みがあったのでご紹介。

■歴代ワールドカップ代表メンバーの兄弟型■

【次男】
川口能活、秋田豊、名良橋晃、相馬直樹、中西永輔、小村徳男、斎藤俊秀、
山口素弘、中田英寿、小野伸二、服部年宏、平野孝、曽ヶ端準、松田直樹、
中田浩二、福西崇史、戸田和幸、明神智和、小笠原満男、西澤明訓、中澤佑二、
田中誠、坪井慶介、高原直泰、玉田圭司、大黒将志

【三男以上】
井原正巳、名波浩、呂比須ワグナー、森岡隆三、市川大祐、加地亮、遠藤保仁、中村俊輔

【姉がいる長男】
中山雅史、森島寛晃、楢崎正剛、宮本恒靖、稲本潤一、柳沢敦、鈴木隆行、 駒野友一

【弟か妹しかいない長男】
城彰二、小島伸幸、伊東輝悦、三都主アレサンドロ、巻誠一郎

【一人っ子】
岡野雅行、土肥洋一


■よく血液型はB型が向いていると聞くが、兄弟の構成でこんなに片寄るとは非常に面白い結果だ。一人っ子がほとんどいないのも特徴的。しかしまあ、ここまで極端だとは意外ですらある。

■モノはついでなので現代表の血液型をまとめてみた。

【A型】
宮本恒靖、川口能活、土肥洋一、田中誠、アレックス、福西崇史

【B型】
中田浩二、高原直泰、大黒将志

【O型】
中田英寿、中村俊介、小野伸二、坪井慶介、駒野友一、小笠原満男、稲本潤一、柳沢敦、巻誠一郎

【AB型】
中澤祐二、楢崎正剛、加地亮、遠藤保仁、玉田圭司

■A型はディフェンスが多く、O型は中盤か前線の選手ばかり。福西、宮本、田中誠、川口といった守備のラインがA型というのが妙に納得。中盤の司令塔である中田英寿、中村、小野、小笠原が全てO型というのも特徴的。プレースタイルやポジションは血液型で傾向があったりしそうだ。B型の高原や大黒が狩人的な血が騒いでいるとしたら面白い。

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 04:54 | comments(0) | trackbacks(1) |
今週はダービーウィーク!サンデーサイレンス産駒の最終世代
■今週の日曜5月28日は日本ダービーだ。ダービーとはイギリスの地名だが、3歳馬の春先にナンバー1決定を行う格式のあるもの。各国にはグランプリ(最高のレース。日本では有馬記念)があり、古馬を交えた実力ナンバー1決定戦があるが、競馬の世界ではグランプリよりもダービーの勝ち馬(かちうま)の方が賞賛されるのだ。野球に例えると、ダービーは高校野球の決勝戦。ただし、一生に一度しか出場できない。そういった意味では有馬記念が日本シリーズにあたるだろう。

■ダービーは東京府中競馬場2、400mで行われる。皐月賞が行われる中山競馬場とは異なり、左回りとなり直線が長くなる。その辺の事情から、馬の実力勝負となることが多く、展開に左右されることが少ないレースの一つだ。ダービーの日に府中競馬場へ行けば判るが他の開催日とは全く雰囲気が違う。10万人以上の観客がつめかけ、馬だけでなく人まで興奮状態となる。そこに流れる空気は一種独特といって良い。レースを観なくとも、その雰囲気だけで行く価値がある。

■昨年はディープインパクトという怪物あるいは化け物が異次元の強さを見せていた。よって、どうしても今年は出走馬が貧弱に思えてしまうのも致し方ない。ただ、注目されるのは日本競馬史上で種牡馬として最高の結果を残したサンデーサイレンス産駒の最終世代がダービーに挑戦することが話題だ。11年間で6頭ものダービー馬を排出している。ちなみに、ダービーで勝ち馬を出さなくともダンスインザダーク、フジキセキ、ジェニュイン、バブルガムフェロー、サイレンススズカなど数え切れないほど名馬を生み出している。

【サンデーサイレンス産駒のダービー馬】
1995年 タヤスツヨシ
1998年 スペシャルウィーク
1999年 アドマイヤベガ
2001年 アグネスフライト
2004年 ネオユニヴァース
2005年 ディープインパクト

■今年のダービー登録頭数は26頭。出走できるのは18頭だから直前になるまで出走馬は出揃わない。が、権利を確定しているサンデーサイレンスの子供で有力馬は以下の通り。今週はあれこれと予想するのが楽しいだろう。

フサイチジャンク(皐月賞3着)
アドマイヤメイン(青葉賞)
マルカシェンク
エイシンテンリュー
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 03:55 | comments(0) | trackbacks(3) |
メジャーリーグ ボンズがベーブ・ルースに並ぶ714号を放つ
■薬物疑惑に揺れるメジャーリーグ・ジャイアンツに所属するバリー・ボンズが714号ホームランを放ち、歴代2位のベーブ・ルースに並んだ。なお、歴代1位はハンク・アーロンの755本(メジャーリーグ記録)。

■薬物”疑惑”と言われているが、当のご本人も実質的に薬物使用を認めているバリー・ボンズ。これまでの惜しみない声援は、「汚れた英雄」への非難やブーイングへと変わっている。薬物使用に関してはボンズだけでなく、球界全体に蔓延していたことが確認されている。ここ1、2年の野球人気の凋落はこういったアンフェアな体質にファンが愛想を付かしたことによるものだ。

■今シーズンのボンズは膝の故障と、執拗なまでの敬遠策でこれまで僅か6本しかホームランを打っていない。だが、辛辣なファンの中には「薬物を辞めて実力勝負したからだ」とまで指摘することもある。そういえば、メジャーリーグでの薬物使用が世間に露見して、その使用が厳しくチェックされるようになった後のWBCで、メジャーの選手で構成したチームが次々と敗北している。かつては日本の野球では及びもつかないパワーを誇ったメジャーリーグだが、それすら今となっては怪しい存在だ。今では日本のトップクラスの選手であれば、堂々とメジャーのレギュラーをはれることが実証されている。

■本来ならば、こういった薬物使用選手は厳しく罰せられ、数年は試合出場を禁じなければフェアな競技ではなくなる。だが、”疑惑”の選手が多過ぎて、メジャーリーグの興行が成立しないため、それができないというのだ。それで”切られて仕方のない”ボンズはまだメジャーでプレイできる訳だ。本来ならば41歳にして尚ホームラン・アーティストであるボンズは敬意の対象であっていいはずだが、残念なことである。

■そういえば、薬物の次は遺伝子操作なんて話がスポーツ界にありえると冗談交じりで話題になっていた。今の所、遺伝子操作が見つかったというニュースは聞いたことがないが、はなはだ心配なことではある。

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 06:35 | comments(0) | trackbacks(4) |
【サッカーWカップ】出場国あれこれ −ブラジル
■サッカー・ドイツワールドカップ出場国。今日の国はブラジル。FIFAランキング1位の優勝候補。

■国名:ブラジル連邦共和国

■国歌:Hino Nacional Brasileiro
iTMSで無料視聴&購入する⇒航空自衛隊航空中央音楽隊 - SING ALONG WITH ME! 32NATIONAL ANTHEMS, 2006 (国歌) - ブラジル連邦共和国 (国歌)
(iTMSとはアップル社のiPodに音楽をダウンロードできる専門店です)

Wikipedeaで国の情報を見る

■監督:カルロス・アルベルト・パレイラ

■フォーメーション:4-4-2 / 4-5-1

■チーム
 ポルトガル語で代表のことを「セレソン」と呼ぶ。ブラジル国内リーグで活躍する選手はたった二人しかおあらず残りは全てヨーロッパの名門チームに所属しているのが特徴。FIFAランキング1位、ワールドカップ優賞5回。全てにおいてNo1だ。怪我人もおらず、非常に順調な準備を続けている。監督のパレイラはプロとしてはプレーしていない指導者としてのプロフェッショナル。94年のアメリカ大会でチームを優勝させた実績がある。セレソンの監督は3度目という全てを知り尽くす男だ。

■選手(FW)
( 7) アドリアーノ・レイテ・リベイロ(イタリア/インテル)
( 9) ロナウド(スペイン/レアル・マドリード)
(21) フレッド(フランス/リヨン)
(23) ロビーニョ(スペイン/レアル・マドリード)

 日本代表にないものがここにあるという感じだ。これまでは完全にロナウド中心のチームだった。だが、今年のロナウドは所属するレアル・マドリードで”全く走らないプレー”を続けていて、サポーターからブーイングを浴びることもしばしば。2トップならばアドリアーノとロビーニョの勢いのあるコンビもありえる。ただ、ロナウドのようなタイプは大舞台に照準を合わせて調整することも考えられるため、予選リーグでの調子を見て起用法を決めていくだろう。

■選手(MF)
( 5) エメルソン・フェレイラ(イタリア/ユベントス)
( 8) カカ(イタリア/ACミラン)
(10) ロナウジーニョ・ガウショ(スペイン/バルセロナ)
(11) ゼ・ロベルト(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
(17) ジルベルト・シルバ(イングランド/アーセナル)
(18) エジミウソン(スペイン/バルセロナ)
(19) ジュニーニョ・ペルナンブカーノ(フランス/リヨン)
(20) リカルジーニョ(コリンチャンス)

 世界で一番上手いサッカー小僧ロナウジーニョ。この人がいるだけで、チームを異次元にいざなってしまう程の存在感。観客だけでなく、一緒にプレーする選手も楽しいだろう。前回のワールドカップでブレイクして今日の活躍の基盤を築いた。足技は勿論”極上”のレベルだが、何よりもそのピッチ全体を見渡すことができる視野の広さが素晴らしい。ロナウジーニョと前目でプレーするのはACミランの王子様ことカカ。年齢的にも油の乗り切った最良の時期だろう。

 下がり目のボランチはローマで中田とプレーしていたエメルソンが核になる。1トップの場合は中盤の底に位置して敵の攻撃をシャットダウンする。在籍するユベントスのカッペロ監督がローマから移籍する際に、真っ先に指名して連れて行った程の最高のボランチだろう。ボランチの相方はリヨンで活躍するジュニーニョだろう。

■選手(DF)
( 2) カフー(イタリア/ACミラン)
( 3) ルッシオ(ドイツ/バイエルン・ミュンヘン)
( 4) ジュアン(ドイツ/レバクーゼン)
( 6) ロベルト・カルロス(スペイン/レアル・マドリード)
(13) シシーニョ(スペイン/レアル・マドリード)
(14) ルイゾン(ポルトガル/ベンフィカ)
(15) クリス(フランス/リヨン)
(16) ジルベルト(ドイツ/ベルリン)

 サイドバックの二人は日本でもお馴染みのカフーとロベルト・カルロス。一応ディフェンスだが、あまり守備をしているのを見たことが無いほど、超攻撃的だ。実績十分の反面、この二人がチームの最年長。スピード面で若干の衰えがなくはない。”一応”ディフェンダーだが、相手次第では2バックに近い形になるのは、前回のワールドカップでも良く見た光景だ。対戦相手はこの二人が攻めあがっているスキをついてカウンターを仕掛けたい所だ。センターバックはルシーニョとルッシオが中心。しっかり守る二人だが、ルッシオもオーバーラップしての攻撃参加が大好きだったりする(苦笑)。

■選手(GK)
( 1) ジダ(イタリア/ACミラン)
(12) ロジェーリオ・セーニ(サンパウロ)
(22) ジュリオ・セザール(イタリア/インテル)

 ここはジダの定位置。

■予選リーグ(F組)
 クロアチア、オーストラリア、日本の順に対戦する。余程のことがない限り、予選1位突破は間違いない。ただ、相手に完璧な守備をされて点が取れないとイライラしてミスをしなくはない。南米予選でも勝ちきれない試合があり、引き分けを狙ってプレーされると思わぬ結果がないとは神にも言えない。また、選手の油断が最大の敵だ。クロアチアのしたたかさとオーストラリアのヒディング監督の奇襲が決まって引き分けが続き、3戦目の日本戦まで決勝リーグ進出が決まっていないというのが唯一考えられる波乱か。

 そうはいっても一サッカーファンとしてはロナウジーニョの笑顔を決勝まで観たいものだ。

■決勝トーナメント進出予想(筆者独断):95%
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 01:08 | comments(0) | trackbacks(4) |
サッカー日本代表の背番号発表
■日本サッカー協会はドイツ・ワールドカップに出場する日本代表の背番号を発表した。背番号は以下の通り。

GK(ゴールキーパー)
12 土肥 洋一(FC東京)
23 川口 能活(ジュビロ磐田)
1 楢崎 正剛(名古屋グランパスエイト)

DF(ディフェンダー)
2 田中 誠(ジュビロ磐田)
5 宮本 恒靖(ガンバ大阪)
21 加地 亮ガンバ大阪()
14 三都主 アレサンドロ(浦和レッズ)
19 坪井 慶介(浦和レッズ)
22 中沢 祐二(横浜F・マリノス)
3 駒野 友一(サンフレッチェ広島)
6 中田 浩二(FCバーゼル)

MF(ミッドフィルダー)
15 福西 崇史(ジュビロ磐田)
8 小川原 満男(鹿島アントラーズ)
18 小野 伸二(浦和レッズ)
7 中田 英寿(ボルトン)
10 中村 俊輔(セルティック)
17 稲本 潤一(ウェスト・ブロムウィッチ)
4 遠藤 保仁(ガンバ大阪)

FW(フォワード)
20 玉田 圭司(名古屋グランパスエイト)
13 柳沢 敦(鹿島アントラーズ)
9 高原 直泰(ハンブルガーSV)
16 大黒 将志(グラノーブル)
11 巻 誠一郎(ジェフ千葉)

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

bolg index このページの先頭へ