blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。

<< ディープインパクト最強伝説 天皇賞春を制する | main | 公立小中学校の教員給与見直しへ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
米ソニー・ミュージックが音楽ダウンロード取り分で訴えられる
■iPodなどの音楽ダウンロードサービスでレコード会社がアーティストに支払うべき報酬を支払っていないとして、チープトリックとオールマン・ブラザース・バンドらアーティストが米ソニー・ミュージックを提訴した。1曲あたりのダウンロードでレコード会社は70セントを収益として得ているが、アーティストには僅か4.5セントしか支払われていないという。しかも、レコード会社の取り分には、「コンテナ/パッケージ代」「オーディオファイル」代といったダウンロード販売では存在しない費用まで取り分に含めているという。以前も米国当局が不公正な取引を行っている嫌疑で調査したニュースがあったばかりだ。

■音楽がダウンロード販売中心になると小売や流通を支配することで利益を上げていたレコード会社は窮地に陥る。せいぜい残された仕事は新人発掘などのプロモーションやマーケティング、あるいはプロデュース業ぐらいしかない。それはそれで価値のある仕事だが、1曲あたり70セントも分捕る理由ではなくなるのは自明の理。とうとうインターネットが音楽業界を根本から変えてしまう時代がやって来たのではないだろうか。

■iPodを始めとする音楽ダウンロードサービスが更に誰でも配信できるような仕組みとなれば更に状況が変わる。インディーズレベルのバンドがどんどん”世界配信”をいきなり始めることが、ほとんどコストなしに可能となる。ヒットするかしないかはオーディエンス次第だ。大々的な広告で知名度を上げてヒットするかも知れないし、ファンの間の口コミで売れるかも知れない。これによって、よりニッチでコアな音楽が世界市場の中で成立して、音楽の多様性が広がるはずだ。レコード会社が”入り口”を閉めて、需要コントロールする時代は終わった。

■音楽ダウンロードサービス、特にiPod(iTMS)を利用するようになって筆者が音楽にかける費用は増大した。手軽に小口単位(1曲ずつ)買えるので、興味を持ったら直ぐに購入してしまう。また、iTMSにない音楽が欲しくなって、店頭でCDを買うことも増えた。音楽業界にはこのデジタル化の波をチャンスと捉えて、更なる発展に挑んでもらいたいのだが、頭の固い試算しかできない人たちがどうもいるようだ。
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | PC・Web・ブログ | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | 23:36 | - | - |
■このエントリーにマッチした書籍



コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wearenippon.jugem.jp/trackback/144
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ