blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。

<< 竹島問題 −韓国次官コメント。EEZ境界策定は今月末か6月上旬に再開 | main | ミャンマーで喫煙規正法施行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
【サッカーWカップ】出場国あれこれ −日本
■いよいよドイツワールドカップ開催が迫ってきた。という訳で、少しずつ盛り上がって行きたいので有力出場国をちょっとずつご紹介して参りたい。第1回目はやはり我が国ニッポン!!

■国名:日本国

■国家:君が代
iTMSで無料視聴&購入する⇒陸上自衛隊中央音楽隊 - SING ALONG WITH ME! 32NATIONAL ANTHEMS, 2006 (国歌) - 君が代 (日本国国歌)
(iTMSとはアップル社のiPodに音楽をダウンロードできる専門店です)

Wikipedeaで国の情報を見る

■監督:ジーコ

■フォーメーション:3-5-2と4-4-2の併用

■選手(FW)
 長年、得点力不足・日本の弱点と言われていたポジションである。未だにメキシコ・オリンピックの釜本が引き合いに出されるのは情けない。怪我人も少なくなく、直前まで誰が代表になるかも微妙だ。

 海外組みでは高原直泰(ドイツ/ハンブルガーSV)、鈴木隆行(セルビア・モンテネグロ/レッドスター)らが確定的。二人ともチームで不動のレギュラーとまではいっておらず物足りなくはある。大久保嘉人(スペイン/マジョルカ)、平山相太(オランダ/ヘラクレス)の二人の招集は最近なく厳しいかも知れない。

 国内組みでは腰痛から復活すればエース格といっても良いのが”ドラゴン”久保竜彦(横浜Fマリノス)だ。また、怪我で復調が待たれる柳沢敦(鹿島アントラーズ)はジーコのお気に入り。

 そうすると前出の海外組2名とこの国内組2名でほぼFWの枠は埋まってしまうかも知れない。そうすると玉田圭司(名古屋グランパスエイト)、巻誠一郎(ジェフ千葉)、佐藤寿人(サンフレッチェ広島)あたりが当確線上で争う形だろうか?また、微妙な所にいるのが”海外組”でもある大黒将志(フランス/グルノーブル)だ。コンディション自体は悪くないようだが、フランス2部でのプレイとしては物足りない。久保と柳沢のコンディション次第では大黒か玉田の代表入りもあるかも知れない。


■選手(MF)
 最もタレントが揃っているのがこのポジション。中田英寿(イングランド/ボルトン)、中村俊介(スコットランド/セルティック)、小野伸二(浦和レッズ)、稲本潤一(イングランド/ウェストブロミッジ)、福西崇史(ジュビロ磐田)、遠藤保仁(ガンバ大阪)、松井大輔(フランス/ル・マン)、小笠原満男(鹿島アントラーズ)らがおり、選ぶのが難しいぐらいだ。

 最近は中田英寿をボランチに据え、中村俊介をトップ下とすることが多い。実績からいって中田英寿は確定といっていい。この場合、もう一人のボランチに福西と遠藤と稲本、そして小野から選ばねばならない。攻撃的なMFとして中田英寿か、小野を据える方法もある。フランスのリーグ・アンで活躍する松井も捨てがたい。

 候補の次点としては本山雅志(鹿島アントラーズ)、阿部勇樹(ジェフ千葉)、長谷部誠(浦和レッズ)らか。非常に良い選手たちだが、層が厚いため選出は難しいだろう。ユーティリティープレイヤーとして阿部をDFでという可能性が無くもない。

■選手(DF)
 フォーメーションによって選手が入れ替わるのがDFだろう。ジーコが就任していらい常に固定なのが三都主アレサンドロ(浦和レッズ。後述サントス)。3バックでも4バックでも代表の左はサントスで決まりだろう(ファンがどう思うかは別として)。4バックの場合、右サイドには加地亮(ガンバ大阪)が有力。サポーターの中には”スピードスター”ことFC東京の石川を見たいという要望が大きいが、チャンスはあまりない。

 センターバックには宮本恒靖(ガンバ大阪)、中沢佑二(横浜Fマリノス)、田中誠(ジュビロ磐田)らが確定的。時々、宮本がチョンボしそうな動きをするが、統率力を含めてチームリーダー的な存在だ。ジーコの采配にプッツンしてチームを勝手に離れて、ジーコの怒りを買って首同然となっている松田直樹(横浜Fマリノス)も復活して欲しい所だが・・・。

 他には坪井慶介(浦和レッズ)、中田浩二(スイス/バーゼル)、村井 慎二(ジュビロ磐田)、駒野友一(サンフレッチェ広島)、茂庭輝幸(FC東京)らが候補だろう。

■選手(GK)
 このポジションはほとんど固定。川口能活(ジュビロ磐田)が最近は正ゴールキーパーを務める。先月は神がかったプレーをチームでも見せており期待できる。楢崎正剛(名古屋グランパスエイト)はかつての試合で”ポロリ”とミスをして以来ツキがない。土肥洋一(FC東京)は3番手。

■予選リーグ(F組)
 対戦相手はブラジル、クロアチア、オーストラリア。常識的にブラジルは本戦進出確定。あれだけのタレントを揃えた前回優勝国だ。前回のフランスの様にシュートが全てポストに弾かれる様な悪夢がなければ間違いないだろう。

 やはり日本はF組2位を巡ってクロアチアとオーストラリアとの熾烈な戦いになりそうだ。クロアチアは初めて日本がワールドカップに出場したフランス大会で対戦済み。スーケル一人にやられた印象がある。相変わらず”ヨーロッパのブラジル”と呼ばれるほどテクニシャン揃いだが、絶対に勝てない相手ではない。ヨーロッパの予選では失点が少なく、実は守備がしっかりとしているチームだ。オーストラリアは韓国の前監督だった名将ヒディングが監督。タレントがいないとTV中継で某アナウンサーが語っていたがとんでもない。プレミアのリバプールで活躍するキューウェルはかなり危険な選手だ。あの左足は本当に危険(苦笑)。ミドルスブラに所属するビドゥカも実績十分。この2チームとはほぼ互角の勝負となるだろう。

■決勝トーナメント進出予想(筆者独断):55%
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 09:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | 09:28 | - | - |
■このエントリーにマッチした書籍



コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wearenippon.jugem.jp/trackback/165
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

bolg index このページの先頭へ