blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。

<< 真田まつり −戦国武将を偲ぶ | main | 米チェイニー副大統領カザフスタン訪問 −核問題やエネルギー協力 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
米マイクロソフトとヤフーが提携か?
ロイターの報道によると、アメリカのマイクロソフトとヤフーが資本関係を含めた提携に動いているという。

■提携の内容はマイクロソフトの巨大ポータルサイトMSNをヤフーに売却し、見返りにヤフーの株式をマイクロソフトが取得することが検討されている模様。ポータルサイトではNo1の座にあるヤフーと、ソフトウェア業界のNo1であるマイクロソフトの提携は非常に大きなニュースだろう。また、ポータルだけでなく、メッセンジャーなどのサービスがどうなるか注目される。

■この巨大な提携を促しているのはGoogle(グーグル)の存在がある。日本ではまだまだヤフーが存在感を示しているが、アメリカで検索といったら既にGoogleが代名詞となっている。Webサイトに記述されているキーワードに最適化された広告を表示するAdSense(アドセンス)やGoogleの検索結果にマッチしたキーワードを持つ広告を表示するAdWords(アドワーズ)が好調で、売上を押し上げている。

■また、WEB2.0と呼ばれるインターネットの新しい流れも無縁ではない。WEB2.0とは具体的なアーキテクチャーを指す言葉ではなく、ブログやMixiのようなSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)、Wikiのような”集合知”を知識としてまとめ、利用するサービスの総称を指す。様々な技術やサービスの集合体であるWEB2.0を一口で断言はできないが、双方向のサービスであり、ネットワークらしい水平的な情報の流れをもたらすものと考えて良いだろう。

■例えばWe are ニッポン!!のようなブログはRSSという文書形式で記述されている。このRSSという記述を守ることで、他の人がRSSリーダーで読んだり、pingサーバーに送られた情報をインデックス化して便利な検索をすることが出来る。あるいは欲しい情報のキーワードを決めて置けば、その情報が更新された瞬間に情報を得ることも可能になる。テクノラティというブログ専門の検索エンジンなどもWEB2.0の代表格といえるだろう。

■ちょっと抽象的で難しい話になってしまったが、こういったWEB2.0の世界が広がるとどうなるか?これまでインターネットを支配してきた、入り口とでも言えるポータル(玄関)にわざわざ出向く必要がなくなる。自分の好きなフレームの中に好みの情報を好ましい形で表示できるようになるのだ。望むなら、ポータルサイトの一部を切り抜いて、貼り付けることも可能だ。これはWEB2.0が、利用者のインターネットを徘徊する遷移”トラフィック”を根本的に変えることになる。つまり、ポータルという”入り口”を押さえてきたヤフーやMSNの絶対的な立場が揺らぎつつあるのだ。

■WEB2.0にマイクロソフトが乗り遅れるだろうか?ある意味それは正解であり、不正解でもある。恐らく将来のWindowsのデスクトップはPCを起動した後にWEB2.0の技術を駆使して、様々な情報が表示されるようになっているだろう。それはお気に入りのブログや、気になるキーワード、友達からのメールといった具合だ。そこに広がるのは「売り手の都合」で押し付けられたものでなく、完全に「買い手」あるいは「個人」の論理で全てが構築される。そんなWindowsが生まれれば、マイクロソフトにとってMSNすらも重要ではなくなるはずだ。

■そういった時代になった時、WindowsのようなOSが事前に用意したものを使うのか、Webブラウザを使うのかを我々は選択することになるだろう。これまでは、プラットフォームとはすなわちOSのことだった。だが、WEB2.0が普及すれば、プラットフォームはWebブラウザになるのかも知れないという瀬戸際なのである。マイクロソフトとしては何としてもプラットフォームをOSのままにしたい。当然彼らの売上の大半を占めるからだ。ところがWebブラウザがプラットフォームになるとOSなど何でもよくなる。それはケータイ電話でも良いし、任天堂が発売する次世代ゲーム機のWii(ウィー)や、ソニーのプレイステーション3でも良いのだ。利用者の利便性や自由度からいって、明らかに後者の方がメリットがあることは言うまでもないことだが。

■WEB2.0がもたらす世界はマイクロソフトのビル・ゲイツ会長が長年提唱していたネットワークの世界に他ならない。所が、皮肉なことに自分たちのビジネスの足元を揺るがすようなコントロールの効かない存在になりつつあるのだ。これまでのWEB1.0の時代を考えれば、ヤフーとMSNの提携は大きい事件なのだが、5年後や10年後を考えると単なる通過点となっているかも知れない。インターネットの世界は飽和するどころか、これから未曾有の成長を迎えるのだ。
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | ビジネス | 00:09 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | 00:09 | - | - |
■このエントリーにマッチした書籍



コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wearenippon.jugem.jp/trackback/168
カレンダー
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

bolg index このページの先頭へ