blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。

<< 戦略的なODA?海外経済協力会議が初会合 | main | プレステ3は11月11日発売 値段はちょっと高め! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
世界最強馬への道 ディープインパクト
■国内ではほぼ最強、過去の名馬と比較してもシンボリルドルフ、ナリタブライアン、シンザンといった頂点に立つ馬しか思いつかない。それ程、前走の天皇賞・春の勝利は破格のものだった。京都のターフを駆け抜け、2着のリンカーンにつけた3馬身半の差は永遠にも思えた。

■なにはともあれ、ディープインパクトの目標が設定された。国際G気任△詈塚記念を”ステップ”に10月上旬にロンシャン競馬場で開催される凱旋門賞に挑戦する。距離は2,400m。間違いなく世界最高峰のレースの一つで、古くはリボー、ミルリーフ、アレッジドといった血統表でしか見ることのできない伝説的な名馬を排出。日本で種牡馬となったダンシングブレーヴ、トニービン、ラムタラも凱旋門賞馬だ。

■過去、日本からは6頭が出走している。最初は1969年のスピードシンボリが初挑戦。遭えなく10着に終わる。他の馬も全て2桁台の大敗といって良い結果。日本の高速馬場とは異なる深い芝が問題であったとか、検疫に負けたとか理由付けはイロイロ。

■だが、1999年のエルコンドルパサーは目の肥えたヨーロッパのファンからも絶賛される。前哨戦のG機Ε汽鵐ルー大賞、G供Ε侫ワ賞を圧勝して本番凱旋門賞に望む。特にサンクルー大賞では前の年の凱旋門賞馬であるサガミックスをぶっ千切っての勝利。ヨーロッパで3戦ローテーションしての挑戦だった。ありえない不良馬場で先行したエルコンドルパサーはトップをキープ。日本馬初の戴冠と思われたが、最大のライバル・モンジューが後方からまくって半馬身差の2着に敗れている。

■常識を越えているディープインパクトには深い芝や遠征もあまり苦になりそうにもない。出遅れて、かかって、それでぶっち切りで3、200mを走り抜けるスタミナと瞬発力は次元が違う。サンデーサイレンスの代表産駒として歴史に名を残して欲しい。
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | スポーツ | 02:49 | comments(0) | trackbacks(3) |
スポンサーサイト
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | 02:49 | - | - |
■このエントリーにマッチした書籍



コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wearenippon.jugem.jp/trackback/185
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2006/05/09 3:04 AM |
ディープ凱旋門賞に挑戦 無敗3冠馬が初の海外遠征
ディープ凱旋門賞に挑戦 無敗3冠馬が初の海外遠征 2006年5月8日(月) 13時4分 共同通信  昨年、無敗の3冠馬となり、今年4月の天皇賞・春(G1)を制したディープインパクトの池江泰郎調教師は8日、同馬がフランスG1レースの凱旋(がいせん)門賞
| ニュースのブログから愛を叫ぶ | 2006/05/09 4:48 AM |
ディープインパクト 凱旋門賞へ
ディープインパクト、凱旋門賞に挑戦 中央競馬の三冠馬で天皇賞(春)を制したディープインパクト(牡(おす)4歳)の今後の出走レースについて、池江泰郎調教師(栗東)は8日、宝塚記念(G1・6月25日、京都競馬場)に出走後、フランスに遠征し、世界最高峰G
| zara's voice recorder | 2006/05/10 10:55 PM |
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

bolg index このページの先頭へ