blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。

<< 米軍再編 −小泉首相の答弁 | main | さあ、思う存分禁煙できますよ!!禁煙パッチに保険適用 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
2006年は中国ブログ元年 ブログは罵声が飛び交う戦場
■日本でも随分とブログが人気となってきているが、高度成長期真っ只中の中国でもブログは大流行らしい。

■中国の「2006年版メディア青書」によると、現在のブログ人口は6000万人を超える見通しという。そして2007年には1億人を超えるとか・・・。ブログなのになんで集計単位が人数なのが微妙に意味不明だが、10人に1人の”変わり者”がブログを書けば、直ぐにこの規模だ。オンライン・ゲームでも”ちょっと”当たれば、日本から見ると天文学的なヒットとなる。ニッチを狙っても十分大きなビジネスになるのだから面白い。また、「百度公司」という中国最大の検索サイトではブログ人口を1600万人と推測している。

■中国でネット関連のビジネスをしようと思ったら、国家当局の検閲に”積極的”に協力しなければビジネスができないことは、「不文律の法律」となっている。筆者の複数の知り合いも中国でのビジネスを検討した所、国家が検閲できる仕組みが”必須”と仲介者から言われたらしい。アメリカでは絶対にプライバシーを守ろうとするGoogleやマイクロソフトだが、中国では仲良く当局に協力しているのは有名。ついでに書いておくと、中国国内のアクセス・ポイントからインターネットでWebサーフィンをすると、反国家的あるいは共産党を批判、あるいは文化大革命などの歴史の事実をそのまま書いたサイトは閲覧禁止(アクセスできない)になっている。本当に最低の国家だと思う。

■ブログにはコメント機能がつきもの。中国の新華社は

「ブログは罵声が飛び交う戦場だ」
と否定的な見解を述べている。中国のメディアは事実の伝達手段ではなく、共産党プロパガンダのスピーカー。記事は情報ではなく、必然的に”説教の海”となる。ネットで情報交換が進んでいる今、中国での既存マスコミの人気低下が著しいという。新華社の記事には、そんな「やっかみ」が混じっていなくもない。更には「

ブログ戦争が勃発しており、健全な世論の形成が脅かされている」

自分たちの影響力低下を懸念してか、またしても説教モードだ。ブログは共産党の基盤を揺るがすから、禁止したいぐらいの勢いかも。

■新華社は更に大手ポータルである「新浪網」のコメントも付け加えている。

「新浪網のブログには毎日、10万件もの文章が書き込まれる。数人程度の管理人では目が行き届かず、ブログのモラルを監視するシステムがない」

朝日新聞が自分の都合の良い適当に有名な人に、朝日新聞の意見を語らせているのと似ている。ブログは匿名の掲示板と違って逃げ場がない。だから、ある程度本人の責任に置いて自由に発言すれば良い。何がなんでも監視しようという発想が間違っているだろう。また、当局の検閲があることを暗に示していて、ブロガーに暗示的にプレッシャーをかけている様にも感じる。
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | 社会・文化 | 01:08 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | 01:08 | - | - |
■このエントリーにマッチした書籍



コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wearenippon.jugem.jp/trackback/197
ちょっと気になった「新聞の記事」 7
「献血知らない」経験ない若者の26%…厚労省調査献血経験のない若者の4人に1人は、献血自体を知らなかったことが、厚生労働省の初の「若年層献血意識調査」でわかった。若者の献血離れが進む中、同省は「ここまで多いとは思わなかった」と、ショックを隠せない様子
| ニーズ・ニュース                      ... | 2006/05/12 9:44 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2007/05/18 8:08 AM |
カレンダー
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ