blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。

<< ケータイ利用者がPC利用者数を上回る | main | 米軍再編 財源確保のため防衛予算削減。出来レース?! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
ねんきん事業機構について現在審議中
■現在、国会の厚生労働委員会では「ねんきん事業機構法案(164国会閣77)」を審議している。この法案は問題の多い社会保険庁を解体して、新たに「年金事業機構」を新設するものだ。ポイントは以下の通り。

(1)社会保険庁を解体し「ねんきん事業機構」を設置する。
(2)民間企業から人材を登用する。
(3)地方行政に監査などの業務移管を図る
(4)重要事項の決定は「年金運営会議」の議決が必要
(5)「年金運営会議」の委員は厚生労働省の職員でない人選を行う
(6)「ねんきん事業機構」に特別監査官を設置し、会計監査を行う
(7)年金に関する個人情報を他の目的で利用できなくする
(8)施行期日:平成20年10月1日

■まあ、ざっとこんな所だ。法律だから仕方ないが、社会保険庁の何が悪かったのか、ひょっとして良かった所は無かったのか、サッパリ判らない。審議の前に総括でもして欲しい所だが、総括もなく川崎二郎厚生労働大臣はペーパーを棒読み・・・。はっきりいって、イラナイ感じだ。もっと、激しい議論を期待しているのだが、どうにも盛り上がらない。

■社会保険庁の職員から見たら、新しい機構ができて移籍するだけ?なんて映ったら最悪だろう。有名なグリーンピアなど末端の職員に至るまで年金を私物化した行政機関としては手ぬるい印象がぬぐえない。確かに監査機関を設けることは必須といっても良い改革だ。ねんきん事業機構の重要案件をチェックする年金運営会議も良い人物を得て、厳しくチェックすれば有効だが、委員の任命権は厚生労働大臣が持つ。つまり、前出の”棒読み”大臣だ。この人が、厚生労働省の官僚が選んだ”都合の良い”人物を選ばないという保証はない。

■また、現場の職員レベルでどの程度刷新された気分を得られるような改革であるか不透明だ。独自の厳しい罰則規定を設けるとか、素晴らしい施策を行った職員に対して報酬を与えるなど、もっと踏み込んだ改革を行っても良いように思える。更に言ってしまえば、民間の監査法人を使ってでも”重要ではない”とされる小さな案件や経費のチェックまで行ってもパチは当たるまい。

■また、社会保険庁の暴走を止められなかったのは国民の無関心さが最大の理由だろう。よって、多少の予算を割いてでも、徹底的に国民への事業報告を行うべきだろう。報道、特にニュース番組などは定期的に1時間枠を取ってでも事業を評価したりチェックしても良い。NHKに至ってはゴールデンでぶち抜きで放送すべき。老人しか見ない、極めて”非公共的”な番組を潰してでも、こういった案件や法案をチェックしたい。番組で意見も述べずにペーパーを大臣が棒読みしたら更迭しちゃって全然問題ないんじゃないだろうか?

※ちなみに委員会の中継は政府がネット配信しています。
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | 政治 | 02:13 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | 02:13 | - | - |
■このエントリーにマッチした書籍



コメント
コメントする


この記事のトラックバックURL
http://wearenippon.jugem.jp/trackback/225
最近の出来事(社会保険庁や無限)から考える経営者責任
ここ最近、組織のトップの責任はどこまで負えるのかを考えさせられるようなニュースが多い。 まずは、各地の社会保険事務所が本人からの申請がないのに国民年金の保険料を免除する手続きを勝手に行い、「年金納付率」と言う指標をかさ上げしていたと言う事件。 年収が
| (有)ロジカル・コミュニケーションのブログ | 2006/05/26 6:46 AM |
カレンダー
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

bolg index このページの先頭へ