blog index
日本人による日本人のための日本人のブログ。日々の時事ネタを斬ってみる。自分たちが生きている国を見つめるブログ。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| スポンサードリンク | - | | - | - |
アメリカ音楽業界の談合疑惑
■アメリカで音楽業界の”談合”が問題となっている。(CNETニュースはこちら)しかも、オンライン音楽ダウンロード販売についてだ。

■ここ1、2年の音楽ダウンロード販売の”覇者”はなんといってもアップル社のiTMS(iTunes Music Store)だろう。iPod Nanoやshuffleは全世界で10億ダウンロードをつい最近記録したばかり。市場シェアは50%を楽に越え、一人勝ちの様相すらある。実際に編集人・小野も長らくSONYのウォークマン&ディスクマンシリーズのファンだったが、ここ2年はずっとiPodの虜だ。その成功の秘密は手軽さと”小分け”して1曲単位で好きな曲を買える価格にあるだろう。

■残念ながら日本のiTMSでは150円から200円の価格帯とやや割高だが、アメリカのiTMSならば1曲99セントとオトク感が漂う。1曲自体の価格は安いが、ついつい衝動買いをしてしまい、トータルではCDを買っていた頃よりも音楽にかける費用は増えている。

■アメリカ司法省は既に複数のレコード会社に嫌疑をかけ、iTMSとレコード会社の価格設定に関わる談合についても調査しているという。真偽の程は定かではないが音楽業界には「阿吽の呼吸」があるのだろうか?でもちっちゃな頃、どんなレコードも同じ値段で不思議だったなぁ(笑)
-------------------------------------------------------------------------
We are ニッポン!!はリニューアル&移転致しました。短い間でしたが、ご愛顧ありがとうございました。新しいサイト「ニュースの海」もご覧頂ければ幸いです。
人気のブログを探せるよ♪
  ブログランキング・にほんブログ村へ
| 小野雪風 | エンターテイメント | 00:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ